ホーム > 交通事故治療

ブログ

交通事故に遭ってしまったら...

  • 2011年3月10日

もし交通事故の被害者になってしまったら、速やかに適切な行動をとることが重要です!

加害者の確定

加害者の運転免許証を見せてもらい、住所・氏名を確認。
車のナンバーも必ず控えておきましょう。

事故現場の保全

交通事故現場を確認し、見取り図を作成したり、写真(交通事故車・現場)を撮っておくことが大切です。
これは事故当時記憶が薄れたり、現場の様子が一変してしまうこともあるので、事故後なるべく早めに行動しましょう。

警察への届出

加害者は事故の報告をする義務がありますが、被害者からも届出を忘れず行いましょう。その時は症状が出ていなくても、後々痛みがでることもあります。
必ず届出を行い、『交通事故証明』を申請してください。これは保険金の請求手続きの際に必要になります。

専門家の診察を受ける

"大したことはない" と思っていても、意外に重症である場合もあります。
事故に遭ったら専門家(医師・柔道整復師など)の診察を受けることが大切です。また診断書を発行してもらい、必ず所轄の警察へ提出してください。
診断書を提出しないと人身事故の扱いになりません。診断書を提出することで、自賠責保険への治療費の請求が可能となります。

自分の保険会社への事故報告

自分の加入している自動車保険会社や代理店へ、事故に遭遇し被害者になってしまった旨を報告してください。
搭乗者保険を掛けている場合、運転者のみならず同乗者にも入院や通院時の医療補償がついていますので、請求することができます。

加害者の保険会社から連絡があったら

保険会社の担当に通院(入院)する医院を伝えてください。
あくまでも通院(入院)する医院は患者さんが決めるものですので、救急車で運ばれた病院にしか通院(入院)できないということはありません。


交通事故治療について

  • 2011年3月10日

当院では交通事故、労災で被害を受けられた方は相手方の損害保険を使い、負担金0円で治療を受けられることがあります。

交通事故による追突事故などの治療治療の対象は骨折、打撲、捻挫、挫傷が対象になります。

ムチ打ちなどは「頚椎捻挫」という名前になります。交通事故の治療の際は、経験豊富な院長がいる長谷川接骨院へ。

交通事故は被害者はかなりのストレスを受けることが多く、自律神経にも不具合を与えることもあります。

特に、ムチウチなどは外見に変わりがないので、本人が苦しんでいるにもかかわらず、お勤め先の理解が得られず、
苦しんでいらっしゃる方も多いようです。

お医者さんでレントゲンを撮っても骨が変形しているとか、骨折しているとかという、他覚的所見も見当たらないことが多いため、治療方針も定まらないことが多いです。

急性の痛みが慢性に変わる前に早めの治療をお勧めします。

痛みを散らすだけではなく血行促進を通して体の持つ自然回復力を高め、筋肉・神経の機能改善を行い、根本的な治療を目指して、根気強く治療していきます。

■『接骨院』でも大丈夫なの?

もちろん大丈夫です。

接骨院でも交通事故の後遺症の治療を受けられます。

自賠責(自動車損害賠償責任)保険扱いとなります。

交通事故はその日は何もなくても2?3日してから症状が出ることもあります。

痛みなどの症状を感じたら早目の治療をお勧めします。

医療機関にて診断書を発行してもらい、警察に届けを出し保険会社からOKをもらってから治療開始となります。

当院では、普段から多数の交通事故による症例を取り扱っています。
※お困りの方は、気軽にご相談下さい。
(症状についてでも、自賠責保険についてでも、何でもご相談下さい)


1

カテゴリー

長谷川接骨院のよくある質問

長谷川接骨院

受付時間・定休日

午前の部 9:00〜12:00午後の部 15:00〜20:30

定休日:日曜日、祝日、土曜の午後

アクセス

岐阜県各務原市那加新那加町20-2
最寄り駅
JR「那加」駅
名鉄「新那加」駅

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは058-383-8330まで